見えない自分の未来・・・

雨上がりの帰り道の
西の空に映しだされた
風景・・・
映画館のスクリーンに
投影されるかのごとく
雲に映しだされる
物語はどんなものなのかと
もしかしたら
自分の人生が
映しだされているのかも
でも、それは
決して見る事は出来ない
見てはいけないものなのかも・・・



こんなにも
綺麗なのに
涙が溢れるよ
二人で
見たかった

君はきっと
笑顔でいるよね
だから
僕は泣かない
その日まで

Comment

Leave a Reply