短歌 [ 拭えぬ思い ] ・・・

秋の空から冬の空へと
移り行く星達の輝き
昼には昼の風景が見え
夜には夜の風景が
心の中に済む風景も
昼と夜はきっと違うはず・・・



悲しみの
君が流すや
頬伝う
拭えぬ思い
秋風に舞う

Comment

Leave a Reply