短歌 [ 朝露 ] ・・・

もう一つの、今朝の風景は
自分が日曜大工で作ったノラ猫の
すみかの屋根に輝いていた
朝露の輝きを切り撮ってみました
太陽の陽射しにキラキラと輝く雫・・・
後わずかで大地に落ちるか
でも、この小さな雫が
大地を潤して新しい命を育む
僅かな時間ではあったけれど
ありがとうって感謝の言葉を・・・



朝露の
命の永さ
儚くも
輝き続け
その時を待つ

Comment

Leave a Reply