短歌 [ 満ちて行く月 ] ・・・

こんばんは、元旦の1日
過ぎるのが早いですね
と言っても自分は、寝不足を解消する為
一眠りしたから
尚更、時間が過ぎるのが
早かったのかなと
目が覚めたのが午後・・・
ハッと気が付けば
あれれ、こんな時間でね
何時もと変わらない
休日の1日が過ぎた感じです
違うのは、今日が
1月1日と言うことだけ

明日は、養母が倒れた日
お正月の準備中にね
だから、お正月の思いはね
賑やかな楽しい日々が
嬉しくない悲しい想い出に
すり替わってしまいました
ちゃんと話してくれれば
気が付けばと・・・
でも、過ぎてしまったことは
取り戻すことが出来ない
まして、命を取り戻すのはね
出来るなら、時間をさかのぼれて
止めることが出来るなら・・・

他のことなら、時間を掛けたり
話し合ったりすれば
取り戻すことも出来るけれど
命だけは、失ってしまうと
取り戻すことは出来ない
だから尚更、伝え合うこと
大事なのかなって
伝えなくちゃ行けない大事な事
体調の変化は真っ先に
伝えて欲しいなと
感じ無くちゃ行けないなと

1月1日の夕暮れは
穏やかな綺麗な夕暮れ
時が進むごとに
金星の輝きと三日月の輝き
お正月の夜に癒やしの時間を
届けてくれました
養母のことがあるから
ちょっと切なく、西の空を
見上げていましたが
今夜は、穏やかに
眠りに就けそうです
素敵な初夢、見られると良いな



独り見る
月の輝き
満ちて行く
君と一緒に
心の中も ← 拍手はこちらで m(_ _)m ペコツ

Comment

Leave a Reply