大丈夫、信じている・・・

早く目が覚めたので
のんびりとホットコーヒーを
先ほどの寒さも
身体に残っていたので
何時ものように
暖かなコーヒーカップに
掌をあてがって
暖まる・・・朝の時間

でも、またまた
賑やかな鳴き声が・・・
は~ぁ、折角の時間が
邪魔されはじめる
ちょっとイライラとして
再び外に出てみる
白く霜が降りていた
あれ、今日は暖かくなる
確か、そんな予報だったのにと

地面に目を落とせば
霜に当たりながらも
太陽が出るのを信じるかのように
じっと寒さに耐えている
可憐な花が・・・
空を見つめて凜と
咲き誇っていました
そうだね、頑張れ
もうすぐ優しい
暖かな温もりが
抱きしめてくれるからと

すっかり、猫の鳴き声
頭の中から消え去っていた
さ、それよりも
仕事に行く準備しなくちゃね
徐々に徐々に
ブツブツ言いながらも
春は近づく近づいている
だから、笑顔で春を迎えなくちゃね
春・春・春・・・良い響きだ
仕事・仕事・・・
気ぜわしい響き・・・(^_^;)



どんなに
今が寒くても
大丈夫なんだ
だってもうすぐ
君の暖かい
温もりが
届くから
ぎゅって
優しく
抱きしめて
もらえるから ← 拍手はこちらで m(_ _)m ペコツ

Comment

Leave a Reply