朝の陽射し・・・

おはようございます・・・
う~ん、寒いです
寒の戻り・・・
と言うよりもあの冬の寒さ
逆戻りの朝の気温
折角、身体が春を受け入れていたのに
でも、週末は
春のよう気になると
そんな、言葉に
気持ちだけは明るくなる
しかし、身体は
寒さに震えている
ファンヒータの温もりも
今朝も効き目は
薄れがち、設定温度を上げる

自分の身体に
温もりを届けるのは
小さなカップに注いだ
ホットコーヒー
掌は温かくなっても
身体は寒さで小刻みに
震えている・・・
大好きな愛しい君は
暖かな時間を過ごしているかなと
頭に浮かぶ・・・

そう言えば、夢を見ました
大好きな君の声が聴きたくて
電話をしたのに届居た声は
泣き声になっていた・・・
どうしたの、何があったのと
聞いて見るも
別に変わったことは無いよと
だって泣いているじゃん・・・・
ちょっと喉が痛いの
花粉症だから・・・と
そして、自分もクシャミが
で、目が覚めて
夢だったのかと
愛しい大好きな人に
会いたくなった夢・・・



僕の心が
揺れる時が来る
春霞の中に
舞い散る
花粉に惑わされる
不安な時が
季節が・・・

君の声が
泣き声に聞こえる
切ない季節
桜咲く時なのに
心までが
クシャミをする
季節が・・・

君に会って
確かめたくなる
花粉の季節
桜咲く季節

Comment

Leave a Reply