Post image

ひとつ花 [ アカヤシオ ] ・・・

おはようございます今朝も冷え込みの強い感じの朝昨日よりも冷え込んでいるなとでも、なんだかんだと言いながらも新しい4月がスタート日本で言う新年度が始まる振り返る余裕なんてなく新しいスタートラインに慣れるための時間が流れ始めるそんな、スタート新しいことを身につけなくちゃと新しい組織の集団の中に投げ込まれてしまう季節親は親の心配が・・・本人も本人で・・・心配にそんな気持ちを理解出来るのは既に経験して来た...

Post image

鈴蘭水仙 Snowflake ・・・

鈴蘭水仙・・・垂れ下がる花に声をかけたくなるどうしたのとまだ眠いのなんて・・・チョンチョンって触れて見たくなるもしかしたら綺麗な音色が聞こえるかななんても脆く壊れそうな健気な感じの花・・・花言葉は・・・・純粋・純潔・汚れなき心・皆をひきつける魅力う~ん、引きつけられちゃったもしかして策略だったりしてあ、花片がピンク色に染まったような・・・おはようと目が覚めればそこからが新しいスタートライン何時もや...

Post image

ヤマブキの花・・・

あ、それからまた、夢を見たんです・・・それも、記憶に鮮明にちゃんと残っている・・・昔、一緒に遊びに行った女性のねどう言う訳かその夢の部分だけはだって、結婚を約束する夢だったから何を意味しているか何かを待ちかねる夢かは結局は・・・・でヤマブキの写真の影響なのかなぁ・・・花言葉は、気品、崇高、待ちかねるって調べたら出てた・・・それに、谷底に落とした金貨が山吹の花になったとどっちが、どっちなのだろう大事...

Post image

垂れ桜・・・

春風に揺れる度に想い出す愛しい大好きな君の髪を・・・歩のかな石鹸の香りが今も忘れられずに溜息が漏れる春の一時・・・ アイコンをクリックして、応援をお願いします m(._.)m にほんブログ村 FC2 ブログランキング 詩・ポエムランキンク...

Post image

長い髪の・・・

そんな事を考えていたら目の前に髪の長い女性が・・・うん、夢かなぁそうだそうだ、夢だポカポカ陽気で転た寝の中での出来事・・・と言うのは冗談でたまたま、石段を上る女性がなので、すいませ~ん後ろ姿を取らして下さいとお願いしてしまあった・・・人の写真って何ヶ月ぶりかなぁそう言えば、銀レフを持ってモデルさんを引き連れて撮影していた人も・・・それも、女子学生風に・・・(^_^;)自分には、縁の無いことだけれどちょっ...

Post image

風に吹かれて・・・

女性の後ろ姿を撮った後に春風が吹いて来た~ぁう~ん、さっきの時に拭いてくれたあらなぁと春の風に戦ぐ黒髪の女性の後ろ姿がなんて呟くも自然現象は読めない人の心も読めなかったりもででも、人と人は同じ言葉で話し合うことは出来るからやっぱり、自然の想いとは違うのだろうね・・・ アイコンをクリックして、応援をお願いします m(._.)m にほんブログ村 FC2 ブログランキング 詩・ポエムランキンク...

Post image

やっぱり君が居ないと・・・

強い風から優しい風に変化・・・そして、暖かな空気を心地良い空気へと導くまるで、君と過ごした時間のように・・・何時も、何処でも君が傍にいる優しい君の温もりに心も身体も癒されるそんな、素敵な時間やっぱり、独りで春の時間を過ごすのはちょっと、淋しく切なくも・・・今日も、元気で笑顔で過ごしているかなと・・・独り眺める春の時間はどこかもの悲しくやっぱり愛しい大好きな君と一緒に手を繋ぎ見上げたかった春の時間・...

Post image

狂い始めたもの達・・・

おはようございます今朝は曇り空、そして肌寒いしかし、どことなく心地良い朝・・・それにしてもおかしな天気が続くなとどことなく今の世の中を現しているような・・・公文書改竄、隠ぺい安倍内閣を支える人達の暴言、圧力、脅迫・・・おかしな事になってしまったなぁと報道の自由、表現の自由全てを封じたいのだろうか今の安倍政権は・・・と麻生副総理ねマンネリ化してるんじゃ無いの傲慢と言う言葉が似合うそれに、文科省も言い...

Post image

悲しげに沈む月・・・

そんなことを考えながら空を見上げていたら西の空に、月が沈んで行くのが見えたあ・・・お月さま今まで、見守ってくれていたんだなとご苦労さま、お疲れさまと声をかけてみたけれどどことなく、物悲しく見えた自分の考えに・・・それとも、今の世の中にどっちなのだろま、色々な考え思いがあっても良いよねと呟いた・・・ アイコンをクリックして、応援をお願いします m(._.)m にほんブログ村 FC2 ブログラン...

Post image

どんな風に吹かれるのだろう・・・

今日から、年度初め・・・社会人としてのスタートに就く多くの人達がいる希望に胸を膨らませる人不安を抱えながら踏み出す足が重い人もどんな、社会人になるのだろうかと自分の人生と重ねて見る初めは夢を希望を持っていたけれど徐々に徐々に自分の思うような事も出来ずに流れて行く時間・・・結局は、営業、製造と自分には向いていない事が分かるそして、家の都合もあって近くの場所を選択することにそこでも、こんな事で良いのか...